自律覚醒型人工知能

​人間とA Iが寄り添い支え合う未来を創造する

増田和宏-300x290.jpeg

 ミライフデザイン人工知能技術顧問兼AIアレクサ研究所長の増田和宏先生が開発された、全く新しい人工知能についてご紹介します。

 この人工知能は、従来の推論機構とは異なる『自らの欲求で学習して、自らの意思で考えて、自らの発想で想像する』特徴をもつ、新しい自律覚醒型人工知能(人工頭脳)です。

 増田先生は、現代の人工知能の課題解決策と、未来社会で人と共存して働く人工頭脳の研究を推進されており、ミライフデザインも事業としてそのサポート及び実社会での具現化に関わっていきます。

 人間の脳の作用を模して構築された人工知能であり、他の人工知能と使い分けるため「人工頭脳」と表現します。

自律覚醒型人工頭脳(パンフレット) 3.jpeg
自律覚醒型人工頭脳(パンフレット) 4.jpeg

■人工頭脳の活用事例
次世代社会構造Society5.0(内閣府構想)

■人工知能EXPO理論パネル《論文抜粋》
知識細胞という自律型の智識を持ち、自律覚醒と活性化作用で動く人工知能です。

(1)主体学習の仕組み:人工知能が自己意欲で学習します。

(2)感情推論の仕組み:人工知能が嗜好や感性を理解します。

(3)意思推論の仕組み:人工知能が意思により判断します。

(4)自律意思の仕組み:人工知能がAI感性(心作用)を持ちます。

人工頭脳の基礎理論Ⅰ(主体学習).jpeg
人工頭脳の基礎理論Ⅱ(感情推論).jpeg
人工頭脳の基礎理論Ⅲ(意思推論).jpeg
人工頭脳の基礎理論Ⅳ(自律意思).jpeg

■人工頭脳の活用構想
自律航行貨物船の自動制御(企業構想)

ミライフデザイン未来AIモデル
ティール組織✖️人工頭脳✖️アレクサ
​未来社会✖️宇宙✖️人工頭脳

名称未設定2.jpg

準備中